世界ランク1位・R・フェデラーのテニスラケット2000本限定発売

【2006年07月01日】
 アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:マット・ゴールド)ウイルソンラケットスポーツ事業部は、世界テニスランキング1位のウイルソン契約プロテニス選手、ロジャー・フェデラーが公式試合で実際に使用しているモデルと同一スペックのテニスラケット「nSix One Tour Federer」(エヌシックス・ワン・ツアー・フェデラー/オープン価格)を、7月29日(土)から2000本限定にて全国のスポーツショップ、テニス専門店などで発売いたします。

 124週(6月30日現在)にわたって世界ランキングトップの座に君臨するフェデラーは、1997年にウイルソンと契約して以来常にトップクラスで戦いを繰り広げ、本年3月にはウイルソンと生涯契約を結びました。「nSix One Tour Federer」は、この生涯契約を記念した限定モデルです。

「nSix One Tour Federer」は、実際にフェデラーが公式試合において使用しているウイルソンテニスラケットのスペックを再現したモデルで、現在発売されている市販モデル「nSix One Tour」をベースに、フェデラーのリクエストによりカスタマイズされた箇所を再現しています。
また今回の限定モデルは、南アフリカの恵まれない子供たちを支援するためにフェデラー自身が設立した「フェデラー基金」へ、売上の一部が寄付されるしくみとなっています。

nSix One Tour Federer
nSix One Tour Federer

nSix One Tour Federer(オープン価格/限定2000本)
高解像度画像-nSix One Tour Federer (502 KB)
R.Federer
R.Federer

【nSix One Tour Federerの特徴】

パワーある返球を目的として独自に改良されたストリング・ホール(ガットを通す穴)数の変更や、縦のラインと横のラインで異なる素材を使用するストリングス(ガット)、さらには試合中に使用するグリップテープにいたるまで、フェデラーが公式試合にて実際に使用しているラケットを再現しています。

フレーム部分にフェデラーのサインをあしらい、また本人からのメッセージカードも特別に用意された、プレミアム性の高い限定モデルとなっています。
左________市販モデル    右________限定モデル   特別仕様ストリングホール                             
左________市販モデル    右________限定モデル   特別仕様ストリングホール                             

フェデラーサイン入り
フェデラーサイン入り

特別仕様オールつや消しカラー
特別仕様オールつや消しカラー

プロ・オーバーグリップ(3本入り)
プロ・オーバーグリップ(3本入り)

フェデラー使用ストリングス(各1/2セット)
フェデラー使用ストリングス(各1/2セット)

メッセージカード
メッセージカード


【製品概要】
素材: ハイモジュラス・グラファイトnCoded + グラファイトnCoded + ケプラー
重量: 340g
バランス: 30.5cm
レングス: 27.0インチ
フェイス面積: 90平方インチ
フレーム形状: フラット・ビーム
フレーム厚: 17mm均一
ストリングスパターン:16×19
グリップサイズ:2.3
適正テンション:50~60ポンド
価格: オープン
付属品: ・フェデラー使用ストリングス2種
(1/2 set Wilson Natural Gut + 1/2 set Luxilon Alu Power Rough)
・フェデラー使用グリップテープ(3本入)
(Pro Overgrip / white)
・フェデラー メッセージカード
・フェデラー基金ポスター
・ウイルソン「W-Team」ポリバッグ

ウイルソンはこれからも、高い技術力と経験を多くの魅力あるテニス製品の開発に反映してまいります。

アメア スポーツ ジャパン株式会社は、ウイルソンブランドのスポーツ用品に加え、スキー用品のアトミック、フィットネス機器のプリコー、スポーツコンピュータのスント、スキー&アウトドア用品のサロモンなどを扱う、総合スポーツ用品メーカーです。


関連リンク-ウイルソン ウェブサイト

【当プレスリリースに関する、お客様の問合せ専用カスタマーセンター】
TEL:03-5755-6670

【当プレスリリースに関する、報道関係の方のお問い合わせ先】

アメア スポーツ ジャパン株式会社
東京都渋谷区初台1-46-3
ウイルソン ラケットスポーツ事業部 
TEL: 03-5302-4672 FAX: 03-5302- 4678
または
広報部
TEL: 03-5302-4306 FAX: 03-5302-4679