アメア スポーツ ジャパン、「マヴィック・スント事業部」を新設

【2007年01月25日】

~新たなバリューの創出にむけ、事業部を統合~

アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:鳥居恵一郎)では、2007年2月1日付けで世界トップクラスの技術力を誇る高級自転車ホイール&パーツの「マヴィック事業部」とスポーツコンピュータのパイオニアである「スント事業部」を統合し、新たに「マヴィック・スント事業部」を設置いたします。

今回の事業部統合により、さまざまなスポーツ・レジャーに対応したスポーツコンピュータを扱う「スント」が「マヴィック」の持つサイクルチャネルを将来的に活用することで新たな事業領域へ拡大し、また「マヴィック」が「スント」と連動した商品開発・マーケティングを行なうことで、より多くのお客様に対しブランド認知の機会拡大が図れるという、双方にとって有益な効果が期待できます。
さらに、サイクリストやトレイルランナーなど、両ブランドが契約し各分野で活躍中のアスリート(スポーツ選手)に対しても、より包括的なサポートを提供できると考えております。

「マヴィック・スント事業部」 事業部長には、2003年よりマヴィック事業部の事業部長を務めております木村勝臣(きむら かつおみ)が就任いたします。

  同社では、今後も「マヴィック」と「スント」の連動による更なるシナジー効果を追及し、新たな価値を創出してまいります。
mavicsuuntologo

マヴィックロゴ画像ダウンロード (44 KB)
スントロゴ画像ダウンロード (91 KB)


【木村勝臣 プロフィール】
・1985年東洋大学法学部経営法学課卒業
 同年、アトミック&サロモンサービスセンター、SKID入社
・1990年、サロモン&テイラーメード株式会社入社 選手対策課にてスキーのトップアスリートを担当
・1994年、サイクルスポーツ販売推進課長就任 マヴィックブランドの日本立ち上げに従事
・1999年、サイクルアパレル&シューズブランド「アディダスサイクル」の取扱いを開始
・2001年、ライフスタイル販売推進部長就任
・2003年、マヴィック事業部長就任
・2005年10月、アメア スポーツ グループの一員となる
・2006年8月、アメア スポーツ ジャパン株式会社マヴィック事業部へ組織名変更
・2007年2月1日、マヴィック・スント事業部新設、事業部長就任



【MAVICについて】
フランス・リヨンで創業したマヴィック社はプロフェッショナルのための自転車ホイール&パーツブランドです。世界のさまざまな自転車メーカーやサイクルチームと共同で製品の開発・製造を行い、その実績は世界各国で開催される自転車レースでの優勝回数の多さに表れています。
「MAVIC」の黒と黄色のロゴは、ツール・ド・フランスを始めとするメジャーな自転車競技のテレビ中継を通じて世界中のサイクル愛好家に浸透しています。
マヴィック ウェブサイト

【SUUNTOについて】
スント社はフィンランドのスポーツコンピュータ・メーカーとして、伝統的なコンパス類の他に、『スポーツ・リストップ・コンピュータ』をコンセプトに、スポーツ周りの環境要因や自らのパフォーマンスを分析する各種のギアを製造しています。その領域はダイビング、クロススポーツ、スノースポーツ、マリンスポーツ、ゴルフ、そしてパーソナルトレーニングに至るまで広範囲に及んでいます。
スントの『スポーツ・リストップ・コンピュータ』は、その専門性の高さから世界のトップアスリートや本物志向のスポーツ愛好家に愛用されています。
スント ウェブサイト


【アメア スポーツ ジャパンについて】
アメア スポーツ ジャパン株式会社は、ウイルソンブランドのスポーツ用品に加え、スキー用品のアトミック、フィットネス機器のプリコー、スポーツコンピュータのスント、スキー&アウトドア用品のサロモン、自転車ホイール&パーツのマヴィックなどを取り扱う、総合スポーツ用品メーカーです。