スント契約選手ハンヌ・マンニネン、「複合個人スプリント」「複合団体」2種目金メダル

【2007年03月06日】

~FISノルディックスキー世界選手権 札幌大会競技中、スント「t6」を使用して心拍データ、酸素消費量などを計測~

【ご参考資料】

アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:鳥居恵一郎)マヴィック・スント事業部より、標記に関しますニュースをお知らせします。

2月22日より3月4日まで北海道札幌市にて開催された2007年FISノルディックスキー世界選手権札幌大会において、スント契約選手のハンヌ・マンニネン選手(フィンランド)が「複合個人スプリント」「複合団体」の2種目で金メダルを獲得しました。ワールドカップ総合で3連覇、歴代1位の通算45勝を挙げているマンニネン選手ですが、オリンピックおよび世界選手権の個人種目においては今回が初のメダル獲得となります。

マンニネン選手は「スントt6」を使用して心拍データを記録しながら競技やトレーニングを行っています。「t6」は心拍数や酸素消費量、消費カロリーなどのデータを算出することが可能で、無駄のない理想的なトレーニングをサポートする、腕時計タイプのスポーツコンピュータです。
今回、「複合個人スプリント」後半戦の“距離”参戦時に「t6」を装着し、各種データを収集しました。
心拍データグラフ

HR…   心拍数(拍/分)
EPOC… 運動後の過剰酸素消費(Excess Post-exercise Oxygen Consumptio)量
※レベル1~5までの5段階(レベルが高いほど運動後の過剰酸素消費量が多く、激しい運動となる)
Altitude… 標高(m)

マンニネン選手心拍計測グラフダウンロード (95 KB)

【複合個人スプリント】
前半の“飛躍”で9位につけたマンニネン選手は、後半“距離”で力強い滑りをみせて序盤から快走。最終4周目の中盤6キロ過ぎでトップに立ち、そのままゴールしました。
上り坂でもさほど高い心拍数とはならず、最終の追い込みとなるゴール直前で競技中最高心拍数となる185を記録。EPOCのレベル上昇グラフを見ても、マンニネン選手は自身の心拍数を巧みにコントロールしていることがグラフに現れています。
スントt6

スントt6 ¥72,000(本体価格:¥68,571)

スントt6画像ダウンロード (167 KB)

スントはこれからも、製品開発への理想的なフィードバックを目指して、最高の技術力と最高のサービス体制で、これからもアスリートをサポートしてまいります。

【一般のお客様お問い合わせ先】
スント カスタマーサービス TEL:03-5302-4670