アメアスポーツジャパン、総合スポーツクラブ メガロスと提携

【2007年04月27日】

~スポーツとエンターテインメントを通して快適なクラブライフと顧客満足度の向上を目指す~

アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:鳥居恵一郎)は、本年4月1日、野村不動産グループのフィットネスクラブ開発・運営会社 株式会社メガロス(本社:東京都新宿区/取締役社長:山徹)との提携に合意し、メガロスが運営する各施設において、アメアスポーツジャパンがグループにもつPRECOR(プリコー)ブランドをはじめとする各種スポーツブランドを活用した運営支援ソリューションの提供を、5月1日(火)より開始いたします。
megalos

株式会社メガロス
「人生の最後の最後まで、心も身体も元気で過ごせる」をコンセプトに、首都圏を中心に18店舗を展開する国内有数の総合スポーツクラブを運営。通常のフィットネスクラブだけでなく、テニスやゴルフのスクール施設も備えている。
全国に12万人を超えるメガロス会員は、各店舗スタッフとの関係のみならず会員同士の結束力も非常に高く、年間を通して多種多彩なイベントを開催している。
メガロス ウェブサイト



今回の提携により、アメアスポーツジャパンが各種運動施設運営ソリューションを提供することで、メガロスが運営する施設の顧客向けコンテンツのエンターテインメント性が向上するだけでなく、施設全体にわたって付加価値の高いサービスの提供が実現することとなります。

具体的には、プリコーが持つサービス「ClubCom(クラブコム)※1」を活用することで、各種フィットネス機器に設置されたTVモニター上に、会員のニーズに合わせた情報をダイレクトに提供することが可能になります。併せてこのTVモニターがひとつのメディアとなることで、会員の特性や嗜好・ニーズにあった広告(TVCM)をスポンサーに販売することが可能となり、メガロスが運営する各種施設への新たな収入源を確保する手段としても期待できます。

また、プリコー独自開発のフィットネス施設管理システム「inSite(インサイト)ワイヤレステクノロジー※2」を利用することで、機器の使用状況を把握し、クラブ運営に必要な資産の効率的な運用が可能となります。「inSite」で顧客の行動履歴を分析し、トレーニングプログラムのアドバイスを行うためのサービスを展開するなど、今後、プリコーとメガロス共同でオリジナルプログラムを開発していくことも視野に入れております。

さらに、テニスやゴルフなどのスポーツブランド、ウイルソンや、スキーのサロモンアトミックなど、アメアスポーツジャパンがもつ各スポーツブランドとも積極的にタイアップを図ることで、フィットネス施設の会員だけでなく、テニスやゴルフなどのスクール生向けにも様々な特典となるサービスを提供していく予定です。



アメアスポーツジャパンとメガロスは、今回の提携により、施設を利用する会員のみなさまにより便利に、そして快適にクラブを利用していただくため、今後もあらゆる情報を発信し、会員コミュニケーションの向上に努めてまいります。
また、革新的なサービスや新たなビジネスモデルの開発を推進することで、日本のフィットネス業界の益々の発展を目指していきます。




※1…フィットネス施設内に専用のサーバーを構築し、世界有数の音楽ビデオ・ライブラリや各種プロモーション映像を会員向けに提供するエンターテインメント・サービス。
※2…施設内に設置したフィットネス機器の使用頻度や総活動時間などをワイヤレスで監視することにより、フィットネス施設が投資したスポーツ機器を最大限に活用可能な、フィットネス施設運営ビジネスをサポートするプリコー独自の技術。
詳しくは「プリコー ウェブサイト」へ