ウイリアムズ姉妹、ウインブルドンより22K金箔入り限定テニスラケットを使用

【2007年06月29日】

~使用後、チャリティーオークションに出品し、収益金を乳がん撲滅基金に寄付~

~同モデルは全世界1,200本のみの限定発売を予定~
アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都江東区有明/代表取締役社長:鳥居恵一郎)ウイルソン ラケットスポーツ事業部より表記に関するニュースをお伝えします。

ウイルソンが契約する女子プロテニスプレーヤー、ヴィーナス・ウイリアムズ(姉)とセレナ・ウイリアムズ(妹、ともに米国)は、今月25日(月)より英国・ウインブルドンにて開催中の全英オープンテニストーナメント(ウインブルドン)から07年シーズン終了まで、22金の金箔を各部にあしらった限定ラケット「ウイルソン[K]Factor(ケー・ファクター)ゴールド・リミテッド・エディション」を使用することとなりました。 
姉のヴィーナス用にはホワイトフレームに22金の金箔で“[K]Factor”のロゴをあしらい、清廉なイメージをかもしだしています。一方、精悍且つ威信あるフェイスに22金のロゴが映えるブラックモデルは、セレナ用としてデザインされました。
これら金箔入り限定ラケットは使用後チャリティーオークションにかけられ、収益金は乳がん撲滅キャンペーンの「ピンクリボン」に寄付されることになっています。
また、同モデルは世界限定1,200本(各色600本)のプレミアムモデルとして発売され、販売価格の一部がピンクリボンに寄付されます。日本でも発売を予定しており、価格、発売日は追ってご案内いたします。

ウインブルドンの過去9年間で、姉妹合わせて10のタイトルを獲得しているウイリアムズ姉妹は、今シーズンからウイルソンの最新モデル「[K]Factor」に変更し、全豪オープンテニストーナメントでは妹のセレナが優勝するなど、目覚ましい結果を残しています。これを記念してウイルソンからウイリアムズ姉妹へ、ふたりのイメージカラーともいえるゴールド(22金・金箔)をあしらった特別ラケットを製作、今回のウインブルドンで公式戦デビューを飾りました。
goldracquet

ウイルソン[K]Factor Gold Limited Edition
(ホワイト:ヴィーナス用/ブラック:セレナ用)

画像ダウンロード (488 KB)




Williums_sisuters

【選手紹介:ヴィーナス・ウイリアムズ(写真右)】
1980年に5人姉妹の四女として生まれ、14歳でプロへ転向したヴィーナスは米国・カリフォルニア出身。2000年、01年、05年と、ウインブルドンでは3度の優勝に輝いている。世界ランキング31位。

【選手紹介:セレナ・ウイリアムズ(写真左)】
1981年、末っ子として生まれたセレナは17歳でプロへ転向。ウインブルドンは02年、03年と二連覇を達成。体調を崩し、しばらく戦線を離れていたが、今年の全豪オープンで優勝し見事復活を遂げる。世界ランキング8位。

【ご参考:ピンクリボンとは】
乳がんの撲滅・早期発見のための受診を啓蒙するために行われているキャンペーン。世界規模で運動が行われており、ウイルソンでは以前より商品の一部をピンクリボンへ寄付している。日本でもアメアスポーツジャパン全体の売上の一部を、毎年日本の乳がん撲滅運動団体へ寄付を行っている。
ご参考<ピンクリボン>


【お客様からのお問合せ先】
ウイルソン テニス専用カスタマーセンター TEL:03-3527-8731