ロジャー・フェデラー、54個目のタイトル奪取!

【2008年04月22日】
アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都江東区有明/代表取締役社長:鳥居恵一郎)ウイルソン ラケットスポーツ事業部から、標記に関しますニュースをお知らせします。

ロジャー・フェデラー(スイス・ATP1位・[K]-FACTOR / [K] SIX.ONE TOUR)は、4月22日ポルトガルで行われたエストリアル・オープン決勝で、ニコライ・ダビデンコ(ロシア・同4位)に7-6(5)、1-2 Ret’dで勝利し、54個目のタイトルを奪取しました。これにより対ダビデンコ戦を12勝0敗まで伸ばしました。

決勝戦は、試合開始1時間20分後、セカンドセット序盤のダビデンコ左足痙攣の棄権による勝利ですが、フェデラーは5ヶ月ぶり(2007年 11月マスターズカップ以来)のタイトル奪取となりました。

試合後フェデラーは「とても気温の低い状況もあり、ダビデンコの棄権という残念な結果となりましたが、この勝利は私にとってとても意味のあるものとなりました。私は今、Spaniard Jose Higueras(元フレンチオープンチャンピオン)コーチとパートーナーを組んでおり、彼とこの勝利を共に喜べることをとても幸せに思います。」と語りました。
※ATP…Association Of Tennis Professional (プロテニス協会)

fedelertop