第6回 アトミック・ジュニアカップ 本州決勝大会をライブ中継

【2010年03月17日】

〜業界初! 小学生のアルペンスキー大会をウェブサイトで生放送〜

アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都江東区有明/代表取締役社長:鳥居恵一郎)アトミック事業部は、本年3月22日(月)に開催される小学生を対象としたアルペンスキー大会「第6回アトミック・ジュニアカップ」本州決勝大会の模様を、インターネットを活用してライブ中継を実施いたします。

スキーブランドのアトミックは、小中学生を対象にスキーに夢と興味をもってもらい、スキーを楽しんで続けてもらえるようにと、2005年より普及・育成プログラムを開始しました。スキーの技術向上だけでなく、雪山とのふれあいを楽しめるプログラムやオフシーズンのトレーニング方法を教えるレッスン、さらに自然保護の大切さを知ってもらうための雪山ごみ拾いツアーの開催など、多岐にわたったプログラムを実施しています。
このプログラムのひとつに、全国の小学生を対象としたアルペンスキー大会「アトミック・ジュニアカップ」があり、現在では全国から2000名を越える参加者でにぎわいをみせています。
今回、同大会の中でも最大規模となる本州決勝大会の様子を、インターネット上でライブ中継することとなりました。スキー業界としては初めての試みです。
このシステムにより、現地へ出向いて応援できないご両親やお友だちが、オフィスやご自宅で迫力ある映像を楽しみながら応援することができます。

大会優勝者には副賞としてニュージーランドでのスキー合宿へ招待されます。夏休みを利用した合宿で、元・オリンピック代表の木村公宣さんの直接指導を受けることができます。

 「第6回アトミック・ジュニアカップ」本州決勝大会ライブ中継の仕組みは、ブロードメディア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:橋本太郎)がもつインターネット上でのライブ配信システム「ブロードメディア@CDN P2P powered by PPLive(仮称:※1)」を用いて行います。このシステムは専用の動画表示アプリをインストールしていただくことで、どなたでもご覧いただくことができ、P2P(※2)を利用することでインターネットの回線混雑の緩和が期待できます。


「アトミック・ジュニアカップ」本州決勝大会 ライブ配信

大会会場: 野沢温泉スキー場
配信日時: 3月22日(月) 8:30-13:30 (予定)
協賛企業: アウディ・ジャパン株式会社、ニュージーランド航空、ポカリスウェット、タナベスポーツ、
コンチネンタルAG、スーパースポーツ・ゼビオ、株式会社野沢温泉 (順不同)             

「第6回 アトミック・ジュニアカップ」ライブ中継ご案内ページはこちらから


【インターネット配信サービスについて】

ビットレート:約1Mbpsを予定

配信形式:Windows Media Video

※1…『ブロードメディア@CDN P2P powered by PPLive(仮称)』 
◇全国規模のウェブキャンペーンや数多くの会員をもつウェブサイトでのプロモーションなどに必要とされる大規模な配信の際、配信サーバに負荷をかけることなく、安定的な配信が実現可能です。
◇ブロードメディアが長年培った経験やノウハウと、世界最大規模のP2P技術が融合することで、従来の放送メディアに比べ、高品質かつリーズナブルな価格でライブ配信が可能です。

◇PPLiveについて
2004年、武漢市にある華中科技大学で開発された技術「P2P」を利用し、05年1月からサービスを開始。テレビ番組の再送信(ライブ)およびビデオ・オン・デマンドなどに対応し、現在では約7万チャンネルを配信し、ダウンロードは1億7500万を突破。2008年の北京オリンピックでは、最大500万人への同時配信実績を誇ります。NBA(全米プロバスケットボール協会)などでも200万人への配信実績があり、現在中国で最も利用されているインターネット放送のプラットフォームです。なお、PPLiveとは、シナキャスト社が提供するP2Pサービスの名称です。 


※2…P2Pとは、端末間を相互に直接接続し、データを送受信する通信方式。


【インターネットライブ中継をご覧いただく際のご注意】
今回のライブ配信をご利用になる際、事前にブロードメディアが提供する無料のソフトウェアが必要です。企業内のネットワークなど、ご利用される方の通信環境や端末の動作環境によって、視聴できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。


【一般のお客様からのお問合せ先】
アメアスポーツジャパン株式会社 アトミック事業部 TEL:03-3527-8717