新型「スント t6dイエロー」150台限定発売

【2010年06月25日】

〜最大酸素摂取量や呼吸量など、研修室レベルのデータも計測〜

アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都江東区有明/代表取締役社長:鳥居恵一郎)スント事業部は、心拍数を計測して消費カロリーやトレーニングの効果などをリアルタイムで表示する人気モデル「スントtシリーズ」のフラッグシップモデル「スントt6dイエロー」を、6月25日(金)より全国のスント正規販売店にて150台限定で発売いたします。

「スントtシリーズ」は、心拍計測ベルトを胸部に装着することで心拍データをリアルタイムに時計本体へ転送し、心拍数やカロリー消費量などを表示します。運動中の心拍数を計測することでカラダの状態を把握することが出来るため、効果的なトレーニングや効率の良いダイエットをサポートする、心拍計測機能搭載のスポーツウォッチです。
今回限定発売となる「t6dイエロー」「スントtシリーズ」の最上位モデルで、心拍数や消費カロリーだけでなく、山岳トレーニングなどに役立つ高度計測機能を備え、さらに呼吸量や最大酸素摂取量など、研究室レベルのデータを計測、表示してくれるフラッグシップモデルです。また、付属の接続ケーブルとソフトウェアを活用してパソコンへ計測データをダウンロードすることができるため、より詳細なデータの管理が可能です。

スントは2009年より、「ITU(国際トライアスロン連合)トライアスロン世界選手権大会」「オフィシャルタイム&データパートナー」をつとめており、これを記念して150台限定で発売することとなりました。 
top

スント t6d イエロー 150台限定
59,000円
 (本体価格:56,191円)



【スントt6dイエロー 商品概要】
消費カロリーやトレーニングの効果だけでなく、最大酸素摂取量や呼吸量、高度(標高)計測など、研究室レベルの詳細データを計測・表示する「スントtシリーズ」のハイエンドモデルです。付属のソフトウェアおよび接続ケーブルを使用することで、PCへデータをダウンロードすることができるため、日々のトレーニングデータをパソコンで管理することが出来ます。また、各種アクセサリー(POD:次頁)を使用することでランニングや自転車使用時の速度や距離の計測・表示も可能です。
2nd


※EPOCとは?
…運動の後、「ぜいぜい」「はぁはぁ」と身体は平常状態に回復するのに必要な酸素を摂取しますが、このように運動中に賄いきれなかった不足していた分の酸素量のことを「酸素負債」または「運動後の過剰酸素消費量(EPOC: Excess Post-exercise Oxygen Consumption)」といいます。
EPOCは運動がどれほど激しかったかを示す運動強度の指標になり、値が高いほど運動がより激しいものであると判断できます。




3rd



【オフィシャルタイム&データパートナー】
スントは2009年より、ITUトライアスロン世界選手権をサポートしています。
logo




【一般のお客様からのお問い合わせ先】
スント カスタマーサービス TEL:03-3527-8720