「スントCore・アニバーサリーグリーン」 2011年7月15日(金)発売

【2011年06月16日】

〜創立75周年を記念した特別モデル 1,000台限定販売〜

 アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都江東区有明/代表取締役社長:鳥居恵一郎)スント事業部は、2011年にスントが創立75周年を迎えることを記念し、特別限定モデルの「スントCore(コア)・アニバーサリーグリーン」を、2011年7月15日(金)より全国アウトドアショップ、時計店、スポーツショップなどのスント正規販売店にて、1,000台限定で発売することになりました。

 「スントCore」シリーズは、高度計や気圧/温度計、電子コンパスといった、アウトドアに必要となる機能に加えて、「日の出/日の入時刻表示」や急激な天候の変化をアラームで知らせてくれる「ウェザーアラーム」、深さ10mまで計測できる「水深計」など、精度の高い計測機能を備えたモデルです。2007年秋の発売以来、世界中のアウトドアファンから高い評価をいただいています。

 「スントCore・アニバーサリーグリーン」のデザインは、本体ボディからストラップ、液晶表示部分まですべてオフブラックで統一したシルエットに、グリーンのアクセントとなるラインをベゼル部分に配しているのが特徴です。“アウトドアフィールドで役立つ製品を開発していきたい”というスントの想いを反映し、自然をイメージした鮮やかなグリーンを採用しました。
 また、時計本体の裏側には今回特別に、“SUUNTO 75 YEARS”「という限定の刻印を施しています。創立を記念したモデルは2006年11月に限定発売した、創立70周年の「スントX-Lander All Black」に続き2台目となります。


■「スントCore・アニバーサリーグリーン」

名称:スントCore・アニバーサリーグリーン
価格:45,000円(本体価格:42,857円)
発売日:7月15日(金)
販売数:1000台
本体素材:プラスチック合成
ストラップ素材:ウレタン
サイズ:50×50×15mm
重量:63g
防水:30m(3気圧)

製品画像


【 スント 75年の歴史 】

1933年 : 世界初、液体封入式コンパスを、スント創業者トーマス・ヴォホロネンが発明し特許を取得。
1936年 : フィンランドにてスント社設立。フィールドコンパスの販売を開始。
        以降、フィンランド軍やNATO軍に正式採用され現在でも使用されている。
1987年 : 世界初、ダイブコンピュータ開発。潜水病を患う人が激減。
        開発直後から現在に至るまで世界トップシェアを誇る。
1998年 : 「スントVector(ヴェクター)」誕生。発売後、北米で大ヒットを記録。
        ダイビングの水深を計る技術を、陸上の標高を計る技術に転換し開発。
        アウトドアスポーツウォッチのパイオニア製品で、のちのスタンダードモデルとなる。
2003年 : 心拍計の機能を持つトレーニングモデル発売。トレーニング市場へ初めて参入。
2007年 : アウトドアスポーツウォッチ「スントCore(コア)」誕生。
2009年 : プレミアムスポーツウォッチ「スント エレメンタム」誕生。
年表画像


【一般のお客様からのお問い合わせ先】
スント カスタマーサービス   TEL:03-3527-8720