ウイルソン、日本プロ野球審判向け防具 オフィシャルサプライヤー契約のお知らせ

【2011年12月16日】

〜多くの現役審判が支持する信頼性と安全性〜

アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都中野区中野/代表取締役社長:鳥居恵一郎)ウイルソン チームスポーツ事業部は、日本プロ野球が実施するすべての試合(※1)における審判が着用するフェイスマスクやチェストプロテクターなどの防具について、社団法人 日本野球機構(NPB※2)と2012年より2014年までオフィシャルサプライヤー契約を締結したことをお知らせいたします。

※1…練習試合、オープン戦、公式試合、日本シリーズなど、全試合
※2 社団法人日本野球機構(NPB)…日本プロ野球のセントラル・リーグおよびパシフィック・リーグを統括する法人


ウイルソンは、1991年より米メジャーリーグの公式野球グラブに認定されており、1997年には審判用の防具においてもオフィシャルサプライヤー契約を結んでいます。米メジャーリーグでの非常に高い評価実績や信頼、ギアの保護性能の高さが日本でも認められ、この度の契約に至りました。

この度ウイルソンより提供する製品は、顔を保護するフェイスマスクをはじめ、胸部を保護するチェストプロテクター、そして膝下を保護するレッグガードの3種の審判向け防具(アンパイヤーギア)です。中でもチェストプロテクターは、鎖骨を守る安全性や衝撃吸収性の高さが支持され、多数の審判にウイルソンアンパイヤーギアを着用いただけることになりました。

なお、このNPB公認アンパイヤーギアは、2012年3月より全国のウイルソン取扱店にて一般販売いたします。

top

ウイルソン NPBオフィシャルアンパイヤーギア
※写真はイメージです。実際の試合ではチェストプロテクターはシャツの内側に装着されます。



【ウイルソン NPBオフィシャルアンパイヤーギア ご紹介】
2nd


【 ご参考:ウイルソンのアンパイヤーギアを使用している審判からのコメント 】
・恐怖心があってはジャッジに集中できない。強いボールを肩に受け、骨にひびが入った経験から、保護性能を最重視してウイルソンを選んだ。3年間使ってきたが、もうウイルソン以外は使えない。(Y氏)

・長年プロテクターを愛用している。海外、国内のあらゆるメーカーを試したが、衝撃吸収性能はウイルソンが最も優れている。特に鎖骨の部分の保護性能が高いのがポイントだ。何よりも安全性を追求した製品だと思う。(N氏)

・分厚くがっしりとして、衝撃にもびくともしないので安心感がある。また、最近のモデルは、日本人の体にもしっかりフィットしてくれる。日々研究され、進化していることを実感する。(K氏)

ウイルソン ウェブサイト


【一般のお客様からのお問合せ先】
ウイルソン チームスポーツ専用カスタマーサービス TEL:03-6831-2711