ウイルソン ピンクリボン運動の認知向上を目指し特製バットなどを提供

【2012年05月14日】

〜田中賢介選手(北海道日本ハムファイターズ)らが練習で使用〜

 アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都中野区中央/代表取締役社長:鳥居恵一郎)ウイルソン チームスポーツ事業部では、用具使用契約を結んでいるプロ野球 北海道日本ハムファイターズの田中賢介(たなかけんすけ)選手や同チーム鶴岡慎也(つるおかしんや)選手、東京ヤクルトスワローズの畠山和洋(はたけやまかずひろ)選手へ、全体をピンク色に染めた特製バットやバッティング手袋、リストバンドを提供いたしました。

 特製バットなどは、ピンクリボン運動の認知向上を目指して5月13日(日)の母の日を前に選手へプレゼントしたもので、それぞれの選手が5月中の練習においてピンク色の用具を使用して乳がん撲滅運動に貢献します。
 この活動は、田中選手から「ピンクリボン運動を支援したいのでピンク色のバットを使いたい」という強いリクエストを受けウイルソン特製のバットが誕生し、2008年より毎年継続しているものになります。田中選手の想いに共感した鶴岡選手や畠山選手も練習時にピンク色を施した野球用具を使用しており、ウイルソンとしてもファンの皆さまを始め多くの方へ、乳がん検診の普及や理解が広まるお手伝いが出来たらと考えています。

 なお田中選手が使用したピンク色のバットは、サイン入りでチャリティーオークションに出品し、その収益金の全てを乳がん撲滅運動推進団体へ寄付する予定です。


1


【ピンクリボン運動について】
 女性を乳がんから守るため、乳がんに対する理解と早期発見のための乳がん検診の普及を目的とした啓発や各種援助、そしていま乳がんで苦しんでいる女性やその家族へのサポートを目的とした活動です。
米国シカゴに本社を置くウイルソンは1998年からピンクリボン活動への支援を行っており、日本でも2000年から活動を本格的にスタートしています。
2


>ウイルソン ベースボールHP<


【お客様からのお問合せ先】
ウイルソン チームスポーツ専用カスタマーセンター TEL:03-6831-2711