スノーボードブランド「BONFIRE」と老舗バッグブランド「PORTER」初のコラボレーションアイテム 発売決定

【2012年07月30日】

〜東京ストリートファッションを代表するデザイナー 下野宏明氏・倉石一樹氏と共同開発〜

【ご参考資料】
 アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都中野区中央/代表取締役社長:鳥居恵一郎)サロモン事業部は、サロモン傘下のスノーボードブランド「BONFIRE」(ボンファイア)より、東京のストリートファッションを代表するブランド「WHIZ LIMITED」(ウィズ リミテッド)デザイナー下野宏明(したのひろあき)氏とその盟友、倉石一樹(くらいしかずき)氏をプロデューサーに迎え、老舗の国産バッグブランド「PORTER」(ポーター)とコラボレーションしたバッグパックとパスケースを、2012年8月下旬より全国のスノーボード専門店及びセレクトショップのビームスやファッション通販サイト「ZOZOTOWN」(ゾゾタウン)などで発売いたします。

 「BONFIRE」は、1995年にサロモンがグループに迎えた北米のスノーボードアパレルブランドです。いち早くスノーボードアパレルやアクセサリーにストリートファッション要素を取り入れ業界をリードしています。
 今回の共同開発は、デザイナーの下野宏明氏倉石一樹氏が得意とするストリートファッションデザインと「BONFIRE」のデザインコンセプトが一致したこと、そして何より両氏が毎シーズン雪山へ足を運ぶほどの熱狂的なスノーボードファンであることから実現いたしました。スノーボードの豊かな経験に基づく発想を生かし、豪雪地帯にも耐えうる唯一無二のコレクションが出来上がりました。

 バックパックは、スノーボードを装着することが可能で、激しい動きにもストレスを感じさせない快適な背負い心地となっています。スノーボードの最中はもちろん、普段のアウトドアファッションにも最適な機能性とデザイン性を持ち合わせています。パスケースは、雪山でリフトチケットを入れるだけでなく、コインケースとパスケースをファスナーで取り外すことができ、それぞれ単独での使用が可能です。腕に装着する以外にも標準装備のオリジナルカラビナを活用してバックなどに取り付けられる利便性の高いデザインに仕上げました。どちらも老舗の「PORTER」とのコラボレーションだからこそ叶った、日々の生活にも役立つ画期的なアイテムです。
尚、「BONFIRE」よりコラボレーションアイテムを発売するのは初めての試みとなり、今後も共同開発していく予定です。

画像1


【パスケース 詳細】
画像2


■プロジェクトロゴ「BONFIRE by Felicity」 とは

BONFIRE by Felicityは、スノーボードをこよなく愛する、下野宏明氏、倉石一樹氏をプロデューサーに迎えたコラボレーションプロジェクトの呼称。Felicityには、「至福」や「無情の喜び」といった意味がある。


■下野 宏明(したの ひろあき) プロフィール

画像3
1976年3月生まれ 東京出身
2000年、秋冬コレクションより自身がデザインするブランド「WHIZ LIMITED」(ウィズ リミテッド)立ち上げ
2003年、直営店「LUMP」を原宿にオープン。LUMP co.,ltd.代表
2012年春夏シーズンより東京コレクションに参加。
2012年3月、「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2012 F/W」に参加

ベーシックなスタイルが主流だったストリートシーンに、よりデザインコンシャスなアパレルを提案すべく“INDIVIDUAL CLOTHING”をブランドコンセプトに、モードやストリートといった枠組みを超えたTOKYO STREETという世界観を展開。過去にadidas、new balanceなどのブランドとのコラボレート実績がある。
「WHIZ LIMITED」の中で、倉石一樹氏との共同制作によるカテゴリー「Felicity」(フェリシティ)を展開。


■倉石 一樹(くらいし かずき) プロフィール

1975年東京出身。
英国ニットブランド「CASHCA」(カシュカ)のクリエイティブディレクターを担当。
また、フリーランスのグラフィックデザイナーとして知人でもあるイアン・ブラウンやトミー・ゲレロなどミュージシャンのアルバムジャケットやアパレルブランドのグラフィック制作など、幅広いジャンルで活躍中。
2011年10月に初のコンセプトショップ「Heather Grey Wall」を代々木公園にオープン。

彼の手掛けたプロダクトのほとんどが完売となるほど高い人気があり、製品のカテゴリを問わず購入するファンも多い。その最大の理由は時代性を超えたベーシックデザインと着心地にこだわったシルエット、素材使いにある。



■「PORTER」ポーター ご紹介

ロゴ
1935年、吉田鞄製作所を神田に設立。
1962年、初の自社ブランド「PORTER」発表。

ホテルなどでお客様の鞄を預かる“ポーター”という職業が常に鞄に触れ、最も鞄の良さを知る者と考え、ブランド名に起用。吉田の技術と伝統をいかした吉田カバンのメインブランド。「一針入魂」を社是に、長く愛用していただける鞄づくりを目指している。素材は伝統的なものからオリジナルの開発と幅広く、1981年にニューヨークデザイナーズコレクティブで高い評価を受けた。



【一般の方のお問合せ先】
アメア スポーツ ジャパン株式会社 サロモン事業部 TEL:03-6831-2717