Salomon 「SUPER HALO HOODY M」 「SUPER HALO JKT M」9月発売開始

【2013年09月09日】

〜羽毛自体に撥水加工“Down Tek(TM)” を施した雨や汗に強い暖かな軽量ダウンジャケット〜

アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都中野区中央/代表取締役社長:鳥居恵一郎)サロモン事業部は、中の羽毛そのものに高レベルの撥水加工を施した軽量ダウンジャケット「SUPER HALO HOODY M(スーパー ハロ フーディ メンズ) 」ならびに「SUPER HALO JKT M(スーパー ハロジャケット メンズ)」を、9月より全国のサロモン取扱店にて発売いたしました。

「SUPER HALO HOODY M」「SUPER HALO JKT M」


■撥水加工を付与した850フィルパワーのダウンを使用

一般的にダウンジャケットは、雨や汗で濡れるとふくらみがなくなり、保温性が失われると言われています。「SUPER HALO HOODY M」ならびに「SUPER HALO JKT M」は、使用している羽毛そのものに撥水加工“Down Tek(TM)”をナノレベルで施したことで、濡れても空気を十分に含み、暖かさを保つことが可能となりました。また、ダウンには850フィルパワー(※)の高品質なヨーロピアングースを使用しています。

表生地には10デニール以下の世界最軽量レベル“Pertex Quantum GL® ナイロン”を採用しました。極細の糸で織りあげられた生地は、軽さ、薄さ、しなやかさに優れ、悪天候に対応する防風性、耐久性を備えています。
「SUPER HALO HOODY M」 はLサイズで393g、 「SUPER HALO JKT M」はLサイズで350gと大変軽量のため、秋冬のトレッキング時のミッドレイヤーとして、街ではカジュアルアウターとして使用できる汎用性が高いアイテムです。

(※)フィルパワーとは、羽毛の反撥力(復元力)を数値で表したものです。フィルパワーが大きいほど空気を含み、保温性に優れます。一般的には800以上あれば高品質といわれます。

イメージ

「SUPER HALO HOODY M」

「SUPER HALO JKT M」

ディテールカット





■「Down Tek(TM)」――
雨や汗からダウンを守る撥水加工


右の図は、「一般的なダウン(左)」と「“Down Tek(TM)”を施したダウン(右)」の実験画像です。水を入れたカップに両方のダウンを入れてシェイクし、1分間放置した後の状態です。一般的なダウンは水を含み潰れたのに対し、 「“Down Tek(TM)”を施したダウン(右)」は、水になじむことなくそのボリュームを保持しています。
また自宅で手洗いが可能で、すぐ乾く利便性の高さも特徴です。
ダウンテック



【一般の方のお問合せ先】
アメア スポーツ ジャパン株式会社 サロモン事業部 
TEL:03-6831-2717