SALOMON “ジャパン スカイランニング アソシエーション”の プレミアムスポンサーとしてバックアップをスタート

【2014年05月08日】

〜標高2,000m以上の登山道を走るスカイランニングの競技確立を目指して〜

アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都中野区中央/代表取締役社長:岸野 博)サロモン事業部は、2014年5月4日(日)に発足された日本初となるスカイランニングの競技者団体「ジャパンスカイランニング アソシエーション(JSA)」のプレミアムスポンサーとして、「JSA」の活動を今後バックアップして参ります。

スカイランニングとは、トレイルランニングの中でも、原則として標高2,000m以上の山岳の登山道を舞台とした高レベルなスポーツのことで、欧米を中心に急激に競技人口が増加しています。国土の約7割が山地である日本においては、実はトレイルランニングの大半がスカイランニングに分類することができます。スカイランニングの魅力は、景観が美しい場所で、アスレチックに挑むワクワク感やジェットコースターのような爽快感とスリルを、何時間も楽しめるところにあります。

JSA ロゴ

<center><b>「JSA」代表 松本 大</b></center>
「JSA」代表 松本 大


非営利NGOスポーツ国際組織としてスイスに登記されている、国際スカイランニング連盟(The International Skyrunning Federation=ISF)には、日本を含め、フランス、スペイン、アメリカ、イギリスなど30を越える国が加盟しており、2014年6月27日と29日には、フランス・シャモニーにて、「JSA」も参戦するスカイランニング世界選手権大会が開催され、各レース約1,000名が参戦する予定です。また、チームサロモンのキリアン・ジョルネもスカイランナーとして活躍しています。

サロモンがサポートしているトレイルアスリート 松本 大が会長を務める「JSA」は、トレイルランニングの国内トップアスリートから愛好者まで約250名で構成されるスカイランニングの競技者団体です。「JSA」では、新しい国際基準のスポーツであるスカイランニングの国内競技指針を作り、愛好者の拡大および安全登山のためのセミナーや、クリニックを各地で開催し、正しい理解と認知の促進活動を行っていく他、「ISF」とともにスカイランニングのオリンピック正式種目の確立を目指します。
今後サロモンでは、「JSA」のあらゆる活動を全面的にサポートしてまいります。


■「2014 スカイランナー ジャパンシリーズ(SJS)」 開催
~参加者数3700名、累積標高差9000m!標高2000m以上の透明な風になろう!~


スカイランニングの国内シリーズ戦として「スカイランナー ジャパンシリーズ(SJS)」を開催いたします。2014年のシリーズ戦は、ISF国際スカイランニング連盟が定める基準のうち、中距離であるスカイシリーズの基準(標高2000m以上、標高差1300m以上、距離50km以下)を満たし、大会運営実績のある、以下の国内3レースとなります。
2014年はプレシーズンという位置づけで、2015年より本格開催し賞金を準備する予定です。

【第1戦】 6月 8日 山梨県 スリーピークス八ヶ岳トレイル【One Pack Line 38k】
【第2戦】 7月25日 山梨県 富士登山競走【山頂コース】
【第3戦】 8月24日 長野県 OSJおんたけスカイレース

「JSA」代表 松本 大


■JSAに関する一般の方からのお問合せ先
ジャパン スカイランニング アソシエーション / Japan Skyrunning Association (JSA)
住所:〒386-1323 長野県上田市中央2-4-13 1F
E-mail:japan_skyrunning@yahoo.co.jp
ホームページ:http://skyrunning.webcrow.jp/


■サロモンに関する一般のお客様からのお問合せ先
アメア スポーツ ジャパン株式会社
サロモン事業部 TEL: 03-6831-2717