SALOMON トレイルランニングシューズ「SPEEDCROSS PRO」 & 防水コンパートメントを持つバックパック「AGILE 20 AW」新登場

【2015年08月07日】

〜2015 年9 月より順次発売〜

アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区新宿/代表取締役社長:岸野 博)サロモンでは、ブランドを代表するトレイルランニングシューズのベストセラー「SPEEDCROSS」のレーシングモデル「SPEEDCROSS PRO」(スピードクロス プロ)と、防水の独立したコンパートメントを持つ新しいバックパック「AGILE 20 AW」(アジャイル 20 オールウェザー)を、2015 年9 月より、全国のサロモン取扱店にて発売を開始いたします。

SPEEDCROSS PRO

「SPEEDCROSS PRO」は、ソフトやウェットなコンディションでもスピーディに走行できるよう、ソールのラグ(爪)パターンを改良しています。従来の「SPEEDCROSS」と比べ接地面が約22%アップしたことにより、様々なトレイルシーンでパフォーマンスをアップさせる汎用性の高いレーシングモデルが誕生しました。また、アッパーは縫い目を極力省き、圧着技術を用いることで軽量化し、耐摩耗性をアップさせています。



AGILE 20 AW

「AGILE 20 AW」は、前面に防水の独立したコンパートメントを採用することで、濡れてしまった荷物を収納しても、メインコンパートメントの荷物は常にドライに保てる仕様になっています。また、ショルダーハーネスと背面の生地が、縫い目なく一体成型でひと続きになっているため、摩擦による肩への負担が少なく快適な背負い心地です。
秋冬シーズンのトレイルランニングの他、ノルディックスキーや日帰りハイキングなどにも最適です。


■ SPEEDCROSS PRO

SPEEDCROSS PRO スペック


SPEEDCROSS PRO ソール


ソールのラグは溝が深く、どんなトレイルであってもしっかりと地面をグリップします。ソールの前足部は主に上りで、後足部は下りでその性能を発揮するパターン構造になっています。これまでの「SPEEDCROSS」のソールをベースに、全てのラグを山型にすることで、接地面が約22%アップしました。





シューレースと連動して足をホールドするアッパーのテクノロジー“SENSIFIT(TM)”と、タン全体で足を包み込む構造のテクノロジー“ENDOFIT(TM)”「SPEEDCROSS PRO」に搭載。サイドのパーツ等も縫い合わせることなく圧着させています。また、アッパーには、雨水をはじく撥水生地を採用しています。
SPEEDCROSS PRO アッパー



■ AGILE 20 AW

AGILE 20 AW スペック



【一般のお客様からのお問合せ先】
サロモン / アメア スポーツ ジャパン
03-6831-2718
SALOMON HP