SALOMON ウィンターシューズ「SHELTER CS WP」、「UTILITY PRO TS CS WP」2015年11月初旬より発売開始

【2015年10月27日】

〜SALOMONの約70年にわたるスキーブーツ開発技術を凝縮〜

アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区新宿/代表取締役社長:岸野 博)サロモンでは、雪上で暖かくて歩きやすいウィンターパフォーマンスシューズ「SHELTER CS WP」(シェルター クライマシールド ウォータープルーフ)ならびに、冬季の旅行やタウンユースにおススメの「UTILITY PRO TS CS WP」(ユーティリティ プロ TS クライマシールド ウォータープルーフ)を、2015年11月初旬より、全国のサロモン取扱店にて発売を開始いたします。

サロモンは、約70年にわたるスキーブーツの開発により雪上で必要なテクノロジーを熟知しています。サロモンのウィンターシューズには、その蓄積されたノウハウが凝縮されています。モデルごとにデザインしている確実なグリップ力のあるオリジナルソール、足を保護する断熱素材の保温テクノロジー、軽量でフィットする運動性能の高さが特徴です。

「SHELTER CS WP」

「SHELTER CS WP」は、保温材など4層の構造を採用した“Climatherm(TM)”テクノロジーをアッパー全体に採用し、マイナス18℃でも暖かさを保ちます。サロモン独自の防水透湿素材に、フィットするソフトシェル素材を合わせ、柔らかで快適な履き心地を実現しました。年齢を問わず履きやすいスッキリとしたデザインで、390g(27cm)とウィンターシューズとしては大変軽量です。

「UTILITY PRO TS CS WP」

「UTILITY PRO TS CS WP」は、アウトドアカジュアルにマッチするレトロなデザインのワークブーツです。保温性と通気性に優れる“Thinsulate(TM)”テクノロジーを足首周りとつま先に採用しています。グリップ力の高いオリジナルソールで、冬のタウンユースはもちろん、スノーリゾートや寒冷地への旅行などにもおススメです。


【 SALOMON ウィンターシューズ ソール搭載テクノロジー 】
グリップ

防水

保温


■ SHELTER CS WP
「SHELTER CS WP」スペック



■ UTILITY PRO TS CS WP
「UTILITY PRO TS CS WP」スペック



【 その他のウィンターシューズのご紹介】
■KAIPO MID GORE-TEX®(MEN)/KAINA MID GORE-TEX®(WOMEN)
KAIPO MID GORE-TEX



■KAIPO CS WP
KAIPO CS WP


「KAIPO MID GORE-TEX®」、「KAINA MID GORE-TEX®」
ならびに「KAIPO CS WP」は、雨や氷に対応したサロモンオリジナルソールを採用し、降雪地帯でのタウンユースはもちろん、スノーリゾートへのお出かけにも最適なウィンターシューズです。ブラックを基調としたシックなカラーリングで、リゾートでも街中でも使いやすいデザインです。
「KAIPO MID GORE-TEX®」、「KAINA MID GORE-TEX®」は、ゴアテックスファブリクス採用、「KAIPO CS WP」は、サロモン独自の防水透湿テクノロジー“CLIMASHIELD(TM) WATERPROOF”を採用し、どちらも防水透湿性に優れます。また、「KAIPO CS WP」は、保温テクノロジー“Climatherm(TM)”により、マイナス18℃まで対応する暖かなアンクル丈のウィンターブーツで寒冷地でのデイリーユースにもお薦めです。



■SALOMON ウィンターシューズ マトリックス
ウィンターシューズ マトリックス



【一般のお客様からのお問合せ先】

サロモン / アメア スポーツ ジャパン
03-6831-2718
SALOMON HP