アメア スポーツ ジャパン 今年も「ピンクリボンレディーステニス大会」を特別協賛

【2005年04月26日】

~全国の女性アマチュアテニス愛好者1万人が参加~

アメア スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:マット・ゴールド)は世界的な乳がん早期発見啓発促進運動として知られるピンクリボン運動を冠にした国内全国規模の「ピンクリボンレディーステニス大会」(主催:日本女子テニス連盟、大会会長:宮城黎子)を特別協賛します。
この大会は毎年開催され、今年で3回目になります。主催の同連盟は1967年発足、現在47都道府県支部・会員約4万人の規模を持つ市民テニス競技団体です。

大会の主たる趣旨は
1. ピンクリボン運動に協力し、検診率を高めることを目的とする
2. 既存の「桑名杯」「全国レディーステニス大会」とともに女性テニス愛好者の目標となる  全国規模のトーナメントを開催することによって、テニス界の繁栄と活性化をはかること
にあります。

大会は予選会である都道府県大会が去る4月21日からの鳥取県大会を皮切りにすでに始まっており、8月20日の福島県大会まで順次都道府県ごとに開催されます。予選会の優勝者が集う全国決勝大会は今秋10月27、28日の両日で神奈川県藤沢市にて開催されます。参加資格は20歳以上の女性、種目はすべてダブルスで20歳から49歳の一般の部と50歳以上の部に分かれています。しかも大会の趣旨にふさわしく全国レベルの他のテニス大会に出場するようないわゆる「強い選手」は参加が認められていません。こうしたまさに真のアマチュアだけの大会のため、参加者は年々増え今年は1万人の参加が見込まれています。
昨年の第2回ピンクリボンレディーステニス大会決勝・開会式風景
昨年の第2回ピンクリボンレディーステニス大会決勝・開会式風景

大会の参加費には、運動の協力金として運動のシンボルであるピンクリボンバッチ1名・1個・¥500の負担が含まれています。この協力金の一部は連盟でプールし、乳がん検診に有効な医療機器であるマンモグラフィの購入にあてることを目標にしています。また参加者全員には同ピンクリボンバッチ、自己検診ノート、関連リーフレットが配布され乳がん早期発見啓蒙活動につなげます。

弊社は大会の趣旨に賛同し初回から物心両面でこの大会を支援しています。
具体的には協賛金の負担、半年にわたる大会事務局サポートのためのスタッフ派遣、予選会の賞品、大会会場における試打会開催などです。

今、日本人の乳がんは女性の25人にひとり、しかも乳がんになる人は増えつづけ、とくにこの20年間では倍以上の罹患率となっています。さらに命を落とす人も年間約1万人に及んでいます。乳がんの原因は未だ解明されていませんが、その闘いの鍵は早期発見と早期治療です。乳がんは早期発見であれば95%が治癒して、命を落とすことはないとされています。毎月の自己検診と定期的な乳がん検診が叫ばれるゆえんです。

弊社はスポーツ用品販売会社としてこうした運動を支援することこそ最も重要な社会貢献活動と考えています。
ピンクリボンにこめられた「早期発見・早期治療」のメッセージが多くのスポーツファンに届き、乳がん死亡率の低下につながることを願い、これからも日本のピンクリボン運動を応援していきます。

大会の詳細は大会事務局公式サイト
≪日本女子テニス連盟≫
関連リンク
ウイルソン・テニス ウェブサイト
【報道資料に関するお問い合わせ先】

アメア スポーツ ジャパン株式会社
テニス事業部
担当:富田千明、吉川礼瀬
TEL: 03-5302-4672
FAX: 03-5302-4678

アメア スポーツ ジャパンについて
アメア スポーツ ジャパン株式会社は、ウイルソンブランドのスポーツ用品に加え、ウインタースポーツ用品のアトミック、フィットネス機器のプリコー、スポーツコンピューターのスントなどを扱う総合スポーツ用品メーカーです。