アメアスポーツジャパンとピンクリボン

アメアスポーツのピンクリボンへの支援は1998年、米国シカゴに本社を置くウイルソン・ブランドの活動から始まりました。日本では2000年より活動を本格的にスタートし、スポーツを通じて、乳がんの早期発見と早期治療の重要性を伝え、ピンクリボン運動を応援しています。

2001年よりピンクリボン・マークを付けたウイルソン・レディース商品を発売。現在、アメアブランド商品の収益金の一部はユーザーの皆様の善意と共に国内乳がん患者支援団体に寄付され、乳がんの早期発見・早期治療の重要性を伝えるピンクリボン運動に役立てられています。

  • 2005兵庫選手たち
  • 2005年開会式

全国のイベント会場にて乳がん啓発活動を展開。
定期検診(エコー、マンモグラフィー/乳房のX線撮影)、セルフチェックの重要性を伝えています。

アメアスポーツジャパンでは、女性社員を対象に乳がん検診(エコー、マンモグラフィー/乳房のX線撮影)を推奨しており、検診費用を会社がサポートしています。